2017年8月21日月曜日

Harvesting a watermelon in the backyard 〜裏庭ですいかを収穫〜



Mommy: "I''m going to harvest one watermelon now."

ママ:「すいかをひとつ、収穫してくるね。」


Ehime: "See you later."

えひめ:「いってらっしゃい。」




Kahlua: "Zzzz...."

カルア:「Zzzz....」




Mommy: "Hmm... It's actually hard to figure out if the watermelon is ready to be harvested. At the bottom of this watermelon, I think it's a little soft when I push."

ママ:「う〜ん‥‥ 実は、すいかの収穫時期を見分けるのは、難しいのよね。このすいかの底の部分、押してみるとちょっと柔らかいような気がするけど。」




Mommy: "But the connected tendril is not so yellow, and I'm not sure if the tapping sound is any different from others."

ママ:「実がつながっている茎は、あんまり黄色くないし、トントン叩いても、他のすいかとの違いがよくわからないし。」




Mommy: "At the end, let's just follow my heart. I'm going to cut! Yaaaaaa!!!!"

ママ:「最後は、自分の心に従おう。切ります!やああああ!!!!」




Mommy: "Fu fu. I'm a little excited♪"

ママ:「うふふ。ちょっとワクワクする♪」




Kona: "This ball is a little too big to throw and play with."

コナ:「このボール、投げて遊ぶには、ちょっと大きいね。」


Mommy: "This is not a ball."

ママ:「いや、ボールじゃないから。」




Ehime: "It's a watermelon, isn't it? Are you going to cut now?"

えひめ:「すいかでしゅよね?今、切るでしゅか?」


Mommy: "Yes, I am."

ママ:「うん、切る。」




Mommy: "Please be ripe!"

ママ:「ちゃんと熟していますように!」




Mommy: "Ta da! It's very red and juicy!"

ママ:「ジャジャーン!とっても赤くてジューシー!」




Ehime: "I'm the first in line."

えひめ:「わたち、列の一番。」


Mommy: "OK. I'm slicing up now."

ママ:「わかった。今、切り分けるわね。」




Mommy: "How is the taste?"

ママ:「お味はどう?」


Kona: "It's sweet♪"

コナ:「あまい♪」


Ehime: "I said I'm the first..."

えひめ:「わたちが一番って言ったのに‥‥」




Mommy: "Here you are, Ehime♪"

ママ:「ひめたんもどうぞ♪」


Ehime: "Delicious♪"

えひめ:「おいちい♪」




Mommy: "Kahlua... is sleeping. Maybe he can have some later."

ママ:「カルアくんは‥‥ 眠っているから、後でいいかしらね。」




Kahlua: "Mmm? I smell a watermelon."

カルア:「ん?なんか、すいかのにおいがする。」


Mommy: "Oh, you woke up."

ママ:「あ、起きた。」




At night 夜


Daddy: "The sunset is beautiful tonight."

パパ:「今夜は、日の入りがきれいだね〜」


Mommy: "Look. The sun is reflecting off the watermelon on the ground. Beautiful, isn't it?"

ママ:「見て。太陽の光が、地面のすいかに反射してるよ。きれいね〜」 



Have a fantastic Sunday♪


For our family who eats up a watermelon quickly, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

すいかをすぐに食べきってしまううちの家族の応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2017年8月20日日曜日

First cork for the winery 〜ワイナリーの初コルク〜



Mommy: "The package has arrived."

ママ:「小包が届いた。」




Mommy: "Oh! Corks for the red wine that we are bottling soon!"

ママ:「あっ!もうすぐボトリングする赤ワインのコルクだ!」


Ehime: "Cork? Please show me."

えひめ:「コルク?見せてくだしゃい。」




Ehime: "Cork is not the food."

えひめ:「コルクって、食べ物じゃない。」


Mommy: "Of course not."

ママ:「もちろん、ちがうわよ。」




Mommy: "Our white wine and Rosé have a screw top. It means that this is our first cork for Kula Vineyards & Winery. ...... Gosh, I want to open the bag and hold one on my hand..."

ママ:「うちの白ワインとロゼは、スクリュートップだからね。クラぶどう園&ワイナリーにとっては、初めてのコルクってことになるのよ。‥‥ ああ、袋を開けて、手に取ってみたい‥‥」




Kona: "Cork... It looks like a good size to chew."

コナ:「コルクか‥‥ カミカミするには、ちょうどいいサイズのようだ。」




Kona: "Should we open the bag and hold one in my mouth?"

コナ:「袋を開けて、ひとつ口に入れようか。」


Ehime: "Yeah. Daddy will open the bag anyway when he comes back home."

えひめ:「そうでしゅね。どうせパパが帰ってきたら、袋を開けるんでしゅから。」


Mommy: "No!"

ママ:「ダメよ!」




(Someone knocked the door.)

(ドアをトントン)


Vineyard worker: "Hello. We are having a birthday party for my son. He is going to be nine years old. Can you and your husband come?"

ぶどう園の作業員さん:「こんにちは。息子のために、バースデーパーティを開こうと思っているんです。9歳になります。ご主人と一緒に来て頂けませんか?」


Mommy: "We would love to, but we already have a plan on that day. I'm so sorry."

ママ:「とっても行きたいのですが、その日、すでに予定があるんです。本当にごめんなさい。」


Vineyard worker: "No problem. See you next week!"

ぶどう園の作業員さん:「大丈夫です。では、また来週!」




Kona: "Won't you attend the birthday party?"

コナ:「バースデーパーティに出席しないの?」


Mommy: "We can't. But we will buy a present and send it to him for sure."

ママ:「できないのよ。でもプレゼントを買って、送ってあげようね。」




Mommy: "Now, let's open the bag♪"

ママ:「さあ、袋を開けよう♪」


Kona: "Oh, do you open?"

コナ:「あ、開けるんだあ。」




Mommy: "Oh, wow. This is beautiful."

ママ:「わあ、これ、ステキだわ〜」


Ehime: "Please show me."

えひめ:「見せてくだしゃい。」




Mommy: "I even feel a little emotional seeing our first cork."

ママ:「初コルクを見て、感無量になっちゃうわ。」




Mommy: "Now, let's put it back in the bag."

ママ:「さあ、袋に戻そうっと。」


Kona: "Already?"

コナ:「もう?」


Ehime: "That was quick."

えひめ:「はやっ。」




Ehime: "Oh, the box is closed."

えひめ:「あ、箱が閉められまちた。」


Kona: "Oh, no. I have to pray."

コナ:「なってこった。お祈りしなきゃ。」




Kona: "Well, God, Buddha or anyone who can make my dream come true, please open the box once again. I would like to chew a cork."

コナ:「え〜、神様、仏様、もしくはぼくの願いを叶えてくれるどなたか、どうぞこの箱をもう一度開けてください。ぼく、コルクをカミカミしたいんです。」


Ehime: "Just wait for a few hours. Daddy will come back home and open the box for you."

えひめ:「あと数時間待ったら、パパが帰って来て箱を開けてくれましゅよ。」


Kahlua: "Is it the biscuit time now?"

カルア:「そろそろビスケットの時間か?」



Have an amazing Saturday♪


For Kona who loves everything made of wood, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

木でできたものはすべて大好きなコナの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2017年8月19日土曜日

Cooking apples as a savory dish? 〜おかずのようにりんごを調理する?〜



Kahlua: "I think apples are good."

カルア:「りんごはいいよね〜」




Mommy: "I agree. I've never had the idea of cooking apples as a savory dish, but this is a new recipe. Let's see how it goes. I'm adding some golden raisins, too."

ママ:「そうよね。今までおかずのようにりんごを調理するという考えはなかったけれど、これ、新しいレシピだからね。まあ、どんな感じになるか見てみよう。ゴールデンレーズンも入れるわね。」




Ehime: "What's this smell? It's different from the apple sauce."

えひめ:「このにおいはなんでしゅか?アップルソースとは、ちがいましゅけど。」




Mommy: "Chinese Five Spice. I guess this spice goes well when you cook apples."

ママ:「中国のファイブスパイスね。りんごを調理する時には、このスパイスがよく合うみたいよ。」




Mommy: "Apple cider vinegar, onions and some red pepper flakes went in the pot, too."

ママ:「リンゴ酢と玉ねぎ、レッドペッパーフレークもお鍋に入った。」




Kona: "Vinegar and onions again! Let's run away!"

コナ:「またお酢と玉ねぎだ!逃げろ〜!」




Ehime: "My nose feels weird."

えひめ:「お鼻がムズムズしゅる。」


Kahlua: "I wonder when the next bread-making day is."

カルア:「次にパンを作る日は、いつかな。」




Mommy: "The apples are cooked down. Let's pack them in the jar."

ママ:「りんごが煮詰まってきた。さあ、ジャーに入れよう。」




Mommy: "Let's seal the jars by putting them in the hot water, so it lasts for a long time."

ママ:「熱湯に入れてジャーを密封しよう。そうすれば、長く保存できるから。」




Kahlua: "Why are you making so many jar products recently?"

カルア:「最近、どうしてそんなにたくさんジャーのものを作ってるの?」




Mommy: "We are bottling the red wine next week, and harvesting grapes next month. I want to make sure that we can still have good food around the house even during the busy time. See, this photo in the recipe book? This apple dish can be an appetizer. Oh, no! I have to go to cows! I'm late."

ママ:「来週は赤ワインのボトリングがあって、来月にはぶどうの収穫があるの。忙しい時でも、家にちゃんといい食べ物があるようにしておこうと思ってね。ほら、このレシピの本の写真を見て。このりんごのお料理、前菜になるんだよ。あら、やだ!牛たちのところに行かなくちゃ!遅れちゃったわ。」




At cows 牛たちのところで


Serene: "I'm glad our dinner was not forgotten."

セリーン:「ぼくたちのごはん、忘れられてなくてよかったね。」


Happy: "(Nom, nom) I was so hungry."

ハッピー:「(ムシャムシャ)本当におなかがすいてたんだから。」




Happy: "From now on, we should get one more flake of hay as interest every time she is late ten minutes."

ハッピー:「これから10分遅れるたびに、利子として、干し草をもうひと束もらうべきよ。」


Serene: "I don't disagree, because I love hay♪"

セリーン:「反対はしないよ。だってぼく、干し草大好きだから♪」



Have an amazing Friday♪


For daddy who becomes a tester every time mommy tries a new recipe, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

ママが新しいレシピにチャレンジするたびにお毒味役になるパパの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ