2018年2月25日日曜日

Fire in the fireplace 〜暖炉の火〜



Daddy: "My wife and I worked with Hana to lead her to the horse closure the other day, but we couldn't succeed. Could you show us how to do?"

パパ:「先日、うちの奥さんとぼくで、ハナを馬留めまで導こうとしたのですが、うまく行かなかったんです。やり方を見せてもらえませんか?」


Horse professional guy: "Of course. Here, Hana. Let's go."

馬のプロの男性:「もちろんです。はい、ハナ。行こう。」


Hana: "......"

ハナ:「‥‥」




Hana: "No. Because I'm scared of this place."

ハナ:「やだ。だって、この場所怖いもの。」


Horse professional guy: "I thought you would say that. But I'm a professional. I know how to treat you."

馬のプロの男性:「そう言うと思ったよ。でもぼくもプロだからね。キミの扱い方を知ってるんだ。」




Horse professional guy: "Put the rope around your back legs... and go!"

馬のプロの男性:「後ろ足の周りにロープを巻いて‥‥ さあ、行け!」


Hana: "Kyaaaa!!! I'm in!!!"

ハナ:「きゃああああ!!!入っちゃった!!!」




Hana: "Daddy, I think I'm not scared of this place anymore."

ハナ:「パパ。私、この場所のこと、もう怖くないかも。」


Daddy: "I know. You went in with me, and I saw you went in with mommy twice without hesitation. Good for you."

パパ:「そうだな。パパとも入ったし、ママとも躊躇することなく二度も入ったのを見たよ。えらいぞ。」 




It has been very cold in our area recently. We don't get snow, but the temperature goes under the freezing point! The wind started to blow at night, and it made us feel even colder. So I asked my husband to make a fire in the fireplace.


最近私たちのところでは、とても寒い日が続いています。雪は降りませんが、気温は氷点下になります!夜になり、風も吹き始め、さらに寒く感じました。それで主人に頼んで、暖炉に火を入れてもらいました。



Kona: "How long does it take to make it like Hawaiian temperature?"

コナ:「ハワイの気温のようになるには、どれくらいかかる?」




Daddy: "I just started, and the fire is still small. It takes a little while."

パパ:「今始めたばかりで、まだ火が小さいからね。もうちょっと時間がかかるよ。」




Mommy: "The fire in the fireplace is interesting. Just looking at this natural fire, my heart gets warm."

ママ:「暖炉の火って不思議よね。ただ自然の火を見ているだけで、心が温かくなるわ。」




Ehime: "I'm getting sleepy... Please let me use your hand as a pillow, daddy."

えひめ:「眠くなってきまちた‥‥ パパの手、枕に使わせてくだしゃいね。」


Daddy: "You are heavy."

パパ:「えひめ、重いな。」




Kona: "I'm getting sleepy, too. Feeling the warmth from the fire after being beaten up by cold wind is so nice."

コナ:「ぼくも眠くなってきた。冷たい風に打たれたあとで、火から暖かさを感じるのって、本当にいいよね。」




Daddy: "Branches are catching the fire."

パパ:「小枝が、火を捕えてきたぞ。」




Daddy: "Good. It looks like the fire is going well. Let me go get the bigger wood."

パパ:「よし。火がいい感じになってきた。大きめの木を取りに行ってくるよ。」


Mommy: "Thank you, darling. I can't move from here."

ママ:「パパ、ありがとね。私は、ここから動けないわ。」


Kahlua: "Zzzz...."

カルア:「Zzzz....」



Have an amazing Saturday♪


For daddy who made a nice fire for the family, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

家族のために良い火を起こしてくれたパパの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2018年2月24日土曜日

About guns 〜銃について〜



I grew up in the society without guns in Japan. A good thing is I had never been worried about guns during my childhood. Not a good thing is I have no knowledge of the safety of guns. Comparing of these two things, I still say that there is a great benefit from growing up without worrying about guns. 


私は、日本の銃のない社会で育ちました。良いことは、子供時代、銃について一度も心配することがなかったことです。あまり良くないことは、銃の安全性に関する知識が全くないということです。これらの二つを比べてみても、銃の心配をすることなしに育った利点は大きいと言えます。





I moved to America in 2004. When I got to know that my step children's school found out that one student brought a real gun to school and let other students touch it, I was very scared of it. 


私は2004年に、アメリカに引っ越してきました。私の義理の子供達の学校で、ある生徒が本物の銃を学校に持ち込み、他の生徒に触らせていたことを知り、私はとっても怖いと思いました。






Last year, there was a big shooting case in Las Vegas where my husband and I used to live until 2014. My heart was so broken and filled with sadness. It was painful for me not to be able to be there to help people. Holding back my tears, I harvested grapes with field workers that day.


昨年、主人と私が2014年まで住んでいたラスベガスで、銃乱射事件が起きました。私は心が壊れた気持ちで、悲しみでいっぱいになりました。その場に行って人々を助けることができない自分に、痛みを感じました。その日涙をこらえながら、私は畑の作業員さんたちと、ぶどうの収穫をしました。






A few days ago, there was another shooting case at high school in Florida. Seventeen innocent people died. After the current president of United States listened to survivors and parents who lost their children, he suggested to school teachers to carry the guns to protect students getting advice from NRA. Is he really serious?


 数日前、フロリダ州の高校で、さらなる銃乱射事件が起きました。17名もの罪のない人々が亡くなりました。生存者や、亡くなった人たちのご両親の意見を現アメリカ大統領が聞いたあと、全米ライフル協会のアドバイスを受け、なんと学校教師が銃を持って生徒を守ることを提案したのです。本当に本気なのでしょうか?





 I was a teacher before. From my teacher's point of view, I NEVER want to hold a gun and kill anybody in front of my students. Why do we need to make teachers soldiers and make schools battlefield? 


私は以前、教師でした。教師の視点で言わせてもらえば、私は絶対に、生徒の前で銃を握り、誰かを殺したいとは思いません。どうして教師を兵士にして、学校を戦場にする必要があるのでしょう?





My stepchildren are grown-ups, and my husband lives with our fur children now. If they are human children and if I drop them at school every morning, can I say "There is no problem. Your school is safe. Have a great day." without hesitation?  In the situation where I know someone at school carries a gun, I'm not sure if I can say that to my children.


義理の子供達は成長し、今主人と私は、毛の生えた子供達と一緒に暮らしています。もしこの子達が人間の子供で、毎朝私が学校まで送っていくなら、「問題は何もないよ。学校は安全だからね。いい1日を。」と躊躇なく言えるでしょうか?学校の誰かが銃を携帯していることを知っている状況では、私は自分の子供達にそれが言えるかわかりません。





I'm hoping that today's blog story reaches someone's heart and becomes a beginning of thinking how safe the society without guns is. Thank you so much for reading to the end. I really appreciate it.


今日のブログのお話しがどなたかの心に届き、銃のない社会がどれだけ安全か考える始まりになってくれればいいなあと思っています。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。感謝致します。




Thinking about innocent people who lost their lives because of guns...

銃のために命を失った罪のない人々のことを思いながら‥‥


For our animals who like to live in the peaceful world, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

平和な世界で暮らしたいうちの動物たちの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2018年2月23日金曜日

A little tired 〜ちょっとお疲れ〜



Ehime: "You and daddy often go out at night these days."

えひめ:「最近パパとママ、夜によくお出かけちてましゅね。」




Kona: "Is it a date I guess?"

コナ:「もしかして、デート?」


Mommy: "I wish."

ママ:「だったらいいんだけど。」




Mommy: "We are pouring for a wine-tasting at the local hotels these days. This week, we have three days in a row."

ママ:「最近、地元のホテルでワインテイスティングのイベントを行っているのよ。今週は、三日間連続だからね。」


Ehime: "Oh, that's what you were speaking during the night?"

えひめ:「ああ、しょのことを、夜中にしゃべってたんでしゅね?」


Mommy: "What?"

ママ:「えっ?」




Ehime: "I think you were having a dream."

えひめ:「夢を見てたんだと思いましゅよ。」


Mommy: "I remember I was explaining about our wines to the hotel guests in my dream. I woke up during the night, and I was still trying to speak to people..."

ママ:「夢の中で、ホテルのお客様に、うちのワインについて説明していたことを覚えてるわ。夜中に目が覚めて、それでもまだみなさんに話しかけようとしていたのよね‥‥」




Kona: "Maybe you need to take a break from work. For example, going to see Chloe? He he♪"

コナ:「休暇をもらった方がいいんじゃないかな。例えば、クロエに会いに行くとか?えへへ♪」




Mommy: "That's what you want."

ママ:「それ、コナくんのしたいことね。」


Kona: "Oh, you noticed."

コナ:「あ、バレたか。」




Mommy: "Kona, you might be shedding now."

ママ:「コナくん、そろそろ換毛期かもね。」


Kona: "Really?"

コナ:「そう?」




Mommy: "I know I get a little tired from time to time, but when I do well with our animals, that gives me more confidence and I feel like I can manage the things well."

ママ:「ときどきちょっと疲れちゃうけれどね、動物たちとうまくいってるなあと感じときはそれが自信になり、色々ちゃんとできるような気がするのよ。」


Kona: "Oh?"

コナ:「そうなの?」




Mommy: "For example, yesterday, Hana trusted me and worked well with me."

ママ:「例えば昨日、ハナちゃんがママのことを信用してくれてね。トレーニングをガンバってくれたの。」




Mommy: "She even walked over more difficult obstacles with me. Hana is now taller than me, right? If I can handle large animals, I feel like I can probably handle some difficult work."

ママ:「ママと一緒に、難しい障害物の上を歩いたりもしてくれたのよ。ハナちゃんは、もうママよりも背が高いでしょう?もし大きな動物をうまく扱えるなら、多少難しい仕事だってできるんじゃないかなあ、と思うのよ。」




Kahlua: "Zzzz...."

カルア:「Zzzz....」


Mommy: "Kahlua is sleeping. Let's brush him later."

ママ:「カルアくん、眠ってるね。ブラッシングは、あとにしよう。」




Ehime: "Are you going to pour for a wine-tasting tonight, too?"

えひめ:「今夜も、ワインテイスティングのイベントをしゅるんでしゅか?」


Mommy: "Yes, we are."

ママ:「うん、するよ。」




Mommy: "But before that, let's take some photos to make new business cards."

ママ:「でもその前に、新しいビジネスカード用の写真を撮ろうっと。」



Have a nice Thursday♪


For mommy who is looking forward to baking brioche when she has time next time, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

次回時間のあるときに、ブリオッシュを焼くのを楽しみにしているママの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2018年2月22日木曜日

Even seniors are happy to be outdoors in all weathers. 〜シニアでも風の子〜



It looks like the lowest temperature last night was 23F. When we woke up this morning, we saw the frost on the truck and fence.


昨夜の最低気温は、摂氏マイナス5℃だったそうです。今朝起きた時には、トラックやフェンスに霜が降りていました。





Kona: "It feels chilly this morning."

コナ:「今朝は、冷えるね。」


Ehime: "The sunlight feels good, though."

えひめ:「太陽の光は、気持ちいいでしゅけど。」




Kona: "On a chilly day like this, we should wrestle and that makes us feel warm. Do you want to do it?"

コナ:「こう言う冷える日は、レスリングをしたらポカポカになるよ。やる?」


Ehime: "Yes, I do."

えひめ:「やる。」



Have a fantastic Wednesday♪


For a senior dog, Kona who doesn't like a rainy day that much, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

雨の日はちょっと苦手なシニア犬、コナの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2018年2月21日水曜日

Focaccia is coming out from the oven! 〜フォッカッチャがオーブンから出るよ!〜



Mommy: "It's a daily training time♪"

ママ:「さあ、デイリートレーニングの時間よ♪」


Kona: "Mommy?"

コナ:「ママ?」


Mommy: "Mm?"

ママ:「ん?」




Kona: "The water is leaking from my mouth."

コナ:「ぼくのお口が、水漏れしてる。」


Mommy: "Oh! Let's get started now."

ママ:「わあ!すぐ、始めましょ。」




Kona: "How long do we need to wait today?"

コナ:「今日は、どれくらい待つ?」




Ehime: "The water is leaking from my mouth, too."

えひめ:「わたちのお口も水漏れが。」




Kahlua: "Mommy. The bread machine is calling you. I think the dough is ready."

カルア:「ママ。ブレッドマシーンが呼んでるよ。生地が出来上がったんじゃないかな。」


Mommy: "You are smart, Kahlua. OK. Please eat your biscuits."

ママ:「カルアくん、賢いわね。はい、みんな、ビスケットを食べて。」





I was supposed to make some appetizer for Italian theme dinner of the local grape growers meeting last weekend, but I wasn't sure what to make. At that time, I saw my blog friend's post and got to know that she made Focaccia. I thought "This is it!" Thank you so much for the idea, shigureinu san!



先週末、地元のぶどう栽培者ミーティングのイタリアンディナーに、アペタイザー(前菜)を持っていくことになっていましたが、何を作るか悩んでいました。そんな時、ブログ友達の投稿で、フォッカッチャを作ったという記事を見ました。「これだ!」と思いました。アイディアをありがとうございます、sigureinuさん!



 Mommy: "Oh? I didn't divide the dough into two, but the dough turned out this look."

ママ:「あれ?生地をふたつに分けた覚えはないけれど、こんな風になっちゃった。」




Mommy: "Let's see.... Good! Nice and sticky♪"

ママ:「どうかな‥‥ よかった!いい感じに粘りがある♪」




Kona: "Is it too early to get up and ask for bread?"

コナ:「起き上がって、パンをちょうだいって言うには、早すぎるかな?」


Kahlua: "Yes, it is. The dough still has to be shaped and rise more. Let's take a nap."

カルア:「そうだね。生地は形成されて膨らまされなきゃいけないから。お昼寝しよ。」




Mommy: "For this Focaccia, let's use the rosemary that is growing in our yard."

ママ:「このフォッカッチャには、お庭で育ってるローズマリーを使おう。」




Mommy: "Olive oil from our friend's farm and black olive goes on top of Focaccia."

ママ:「お友だちのファームのオリーブオイルとブラックオリーブを、フォッカッチャの上に乗せようっと。」




Kona: "Is it the time?"

コナ:「そろそろかな?」


Kahlua: "Not yet."

カルア:「まだまだ。」




Mommy: "Now, let's push the olives down."

ママ:「さあ、オリーブを抑えつけよう。」




Kahlua: "I heard the oven is pre-heated. Focaccia should go in the oven soon."

カルア:「オーブンの余熱完了の音が聞こえた。フォッカッチャ、そろそろオーブンに入るよ。」




Ehime: "Does it mean we should wait around the oven soon?"

えひめ:「ってことは、しょろしょろみんなでオーブンの前で待つ時間でしゅか?」


Kahlua: "Yes. Otherwise we are going to lose the opportunity to get to eat."

カルア:「うん。じゃないと、食べるチャンスを失っちゃうからね。」




Mommy: "Focaccia is done. Mmm, I love this smell. I hope people at the meeting like this, too."

ママ:「フォッカッチャ、できあがり♪ ん〜、この香り、大好き。ミーティングの人たち、気に入ってくれるといいな。」


Kahlua: "Kona, wake up! Focaccia came out from the oven!"

カルア:「コナ、起きて!フォッカッチャ、オーブンから出たよ!」


Kona: "Zzzz...."

コナ:「Zzzz....」



Have a happy Tuesday♪


For our dogs who got to eat the edge of focaccia, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

フォッカッチャの端っこを食べさせてもらえたうちの犬たちの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ