2016年9月1日木曜日

Putting the memories on the corks 〜思い出をコルクに乗せて〜



Ehime: "What are you going to do now? (wagging the tail)"

えひめ:「今度は、なにしゅるんでしゅか?(しっぽブルンブルン)」




Mommy: "I'm doing some craft. I got ready a simple long wood board, corks and hot glue gun."

ママ:「ちょっとクラフトをしようと思ってね。シンプルな長めの木、コルク、そしてホットグルーガンも用意完了。」




Kahlua: "It doesn't sound like our snack time."

カルア:「おやつの時間じゃないみたいだな。」




Mommy: "The hot glue gun is easy to use. You put a stick of glue on the back, and melting glue comes out from the front. It's like a mechanical pencil."

ママ:「ホットグルーガンの使い方は、簡単。後ろにのりの棒を入れると、前から溶けたのりが出てくるの。シャーペンみたいなものね。」




Kona: "This wood smells so good♪ Can I..."

コナ:「この木、とってもいい香り♪ 噛んでも‥‥」


Mommy: "No! Please don't chew it. This is the red wood. I got it at Home Depot last Sunday."

ママ:「ダメ!噛まないでよ。これは、レッドウッド(アカスギ)っていう木なの。先週の日曜日、ホームディーポ(ホームセンター)で買ってきたのよ。」




Mommy: "Let's put the glue on the cork like this and..."

ママ:「こうやってコルクにのりを塗って‥‥」




Mommy: "Line them up on the red wood like this."

ママ:「こうやって、レッドウッドの上に並べるの。」




Mommy: "Ouch! I accidentally put the melted glue on my finger! Awww..."

ママ:「あちっ!間違えて、指に溶けたのりをつけちゃった。あううう‥‥」




Kona: "Please be careful. It's hot."

コナ:「熱いから、気を付けてね。」


Mommy: "You say that now?"

ママ:「いま言う?」




Mommy: "I've got a good idea. Let's put a twine string on the back. So we can hang it on the wall."

ママ:「いいこと思いついた。後ろに麻ひもをつけよう。そしたら、壁にぶら下げられるから。」




Kahlua: "That's not our treat."

カルア:「それ、ぼくたちのおやつじゃないね。」




Mommy: "Let's put a little bit of glue. Hmm.... I think it works. let's put more glue on the twine, so this won't fall when I hang it on the wall."

ママ:「ちょっとだけのりを付けてみよう。う〜ん‥‥ 大丈夫そうね。麻ひもの上にもっとのりを付けようっと。壁にかけたときに落ちないように。」




Mommy: "Now, It's a show time♪ Let's pin our Christmas cards. The first one is the one I made in 2014. These photos were taken on the day we purchased this house."

ママ:「さあ、ショータイムよ♪ ピンでクリスマスカードを貼り付けよう。最初は、2014年に作ったものから。この写真、家を購入したときに撮ったものなのよね〜」


Kona: "Zzzz ..."

コナ:「Zzzz‥‥」




Mommy: "The second one is the Christmas card I made in 2015. I miss Fes and Joy."

ママ:「二番目は、2015年に作ったクリスマスカード。フェスとジョイがいなくて、さびしいね。」


Ehime: "(sniff, sniff)"

えひめ:「(クンクン)」




Ehime: "This is not our treats. When is our snack time?"

えひめ:「これ、わたちたちのおやつじゃない。おやつの時間は、いつでしゅか?」




Mommy: "I guess you can't wait any more, can you? Peanut butter biscuits today."

ママ:「きっともう待ってくれないわよね?今日は、ピーナッツバタービスケットよ。」


Kahlua: "I'm here, mommy!"

カルア:「ママ〜、ぼくはここだよ〜!」


Kona: "I'm suddenly awake."

コナ:「ぼく、突然起きました。」




Mommy: "Oh, I just remembered something. Daddy really liked when I put the artificial grape vines around the house decoration the other day."

ママ:「ああ、そうだ。こないだ家のデコレーションに、造りもののぶどうのつるを付けたら、パパ、喜んでたわね。」




Mommy: "Maybe I can put some kind of green around this cork wood as a decoration. What do you think?"

ママ:「このコルクの木に、なにか緑のものをまわりにデコレーションとしてつけるのは、どうかしら?」




Kahlua: "Peanut butter biscuits were tasty. Let's take a nap now♪"

カルア:「ピーナッツバタービスケット、おいしかった。さあ、お昼寝しようっと♪」


Mommy: "Hey! Please listen to me."

ママ:「ちょっと!ママの話しも聞いてよ〜」



Have a fun Wednesday♪


For our doggies who are more interested in biscuits than the cork craft, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

コルクのクラフトよりも、ビスケットのほうに興味があるうちの犬たちの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2016年8月31日水曜日

Our decision 〜私たちの決断〜



In September 2014, my husband and I became owners of this vineyard. Grape growing for wine was my husband's dream for a long time, and we finally made his dream come true together.

2014年9月、主人と私は、このぶどう園のオーナーになりました。ワイン用のぶどう栽培は長年の主人の夢で、ついに私たちは一緒に、その夢を叶えることができたのです。




In 2015, my husband got on a tractor and did weeding, fertilizing and lots of other work. I brought some drinks, refreshment and food to my husband & his workers in the vineyard.

2015年、主人はトラクターに乗り込み、草刈りや肥料やりやその他たくさんの仕事をこなしました。私は、ぶどう園にいる主人や作業員さんたちにドリンク、息抜き用のおやつ、ごはんを持っていったりしました。




Kona: "I did some cleaning, like picking up branches in the vineyard."

コナ:「ぼくは、ぶどう園のお掃除をしました。」


Kahlua: "I barked and chased after birds, so I protected our kingdom."

カルア:「ぼくは、ワンワン鳴いて鳥を追いかけて、ぼくたちの王国を守りました。」


Ehime: "I did.... Umm... Well... I ran around the vineyard♪"

えひめ:「わたちは‥‥ う〜んと‥‥ えっと‥‥ ぶどう園を走りまわりまちた♪」




Thanks to everyone's effort, we had great quality of grapes in the fall 2015, and had a wonderful harvest day. 

みんなの努力のおかげで、2015年の秋には良質なぶどうが実り、素晴らしい収穫の日を迎えることができました。 




We were very happy to see all the beautiful grapes in the bin, but there was one negative thing. That was a quantity of grapes. The weather in May was cold, and the fruit didn't grow big. The amount of grapes that we harvested didn't cover all the costs we spent.

箱に入ったきれいなぶどうを見て、私たちはとっても幸せでした。が、ひとつ問題がありました。それは、ぶどうの量です。5月の気温が低く、果実が大きく育たなかったのです。収穫したぶどうの量は、私たちが費やしたコストをカバーしてくれるものではありませんでした。




In 2016, the vines and grapes have been growing much better than the ones in 2015. My husband and I have been very excited about our vineyard. Of corse, our dogs are excited, too.

2016年、ぶどうの木もぶどうも、2015年よりずっと良い感じで育っています。主人と私は、ぶどう園へのワクワクが止まりません。もちろん、犬たちのワクワクも止まりません。


Kona: "Aaaaan." コナ:「あ〜〜〜ん。」


Ehime: "Aaaaan." えひめ:「あ〜〜〜ん。」


Kahlua: "Both of you didn't get it." カルア:「二人とも取れませんでした。」




This year, one wish occurred to our heart, and it was becoming bigger and bigger day by day.

今年、私たちの心にひとつやってみたいことが浮かび、それは日を追うごとに大きくなっていきました。




That is... making our own wine and sell it as a winery.

それは‥‥ 自分たちのワインを作り、それをワイナリーとして販売することです。




Recently, we had a chance to taste the neighbor's wine made of the grapes from 2015. This Zinfandel was the one my husband harvested with our neighbor by hand. I remember that I brought some refreshments and made lunch for them at that time. The wine was still young, but you can easily tell that this is going to be the very tasty wine in the future.

最近、2015年に収穫されたぶどうで醸造されたご近所さんのワインを味見させて頂く機会がありました。このジンファンデル(という種類のワイン)は、主人がご近所さんと一緒に一房ずつ手で収穫したものです。そのとき、私は息抜き用のものを届けたり、二人のためにランチを作ったりしたことを覚えています。ワインはまだ若いものでしたが、将来とってもおいしくなるということが簡単にわかるほどおいしかったです。




To become a winery, we need to get permits from the county, state and country, purchase the barrels, bottles, corks and some various things, hire the designer to make labels, and have contracts with some people. Our budget is limited since our first harvest in 2015 didn't make a profit.

ワイナリーになるためには、カウンティ(行政区)、州、そしてアメリカ国からの許可証が必要です。樽やボトル、コルク、その他様々なものを購入したり、ラベル作りのデザイナーさんにお願いしたり、様々の方々との契約も必要です。最初の収穫だった2015年のぶどうからは利益が出なかったので、私たちの予算は限られています。




Kahlua: "I know our daddy and mommy very well."

カルア:「ぼく、パパとママがどういう人たちかよく知ってるから。」


Kona: "Me, too. They are going to do it."

コナ:「ぼくも。きっとやっちゃうんだよ。」


Ehime: "I guess I can help you weed."

えひめ:「雑草抜きのお手伝いならできましゅから。」




My husband and I have been collecting the information about permits we are thinking to apply and having meetings with the winemaker who is planning to work for us. And we made a decision. We are becoming a winery!

主人と私は、申請を考えている許可書についての情報を集めたり、私たちのために働いて下さることを予定しているワインメイカーさんとミーティングを重ねたりしました。そして、決断しました。私たちは、ワイナリーになります!




Cheer: "What!? Really?"

チア:「えっ!?ホントに?」




Happy: "I still want to eat hay. Please don't use up all the money."

ハッピー:「私、干し草は食べたいから。お金を全部使い果たすのはやめてね。」




Kona: "Are we going to be mascot dogs in Kula Vineyards? (smile)"

コナ:「ぼくたち、クラぶどう園の看板犬になるの?(ニコッ)」


Kahlua: "I need more grooming."

カルア:「もっとグルーミングしてもらわなきゃな。」




We wake up every morning and think how we can manage our business as a winery. Becoming a winery is a big change for us. But one thing we really don't want to change is the quality our grapes. We, including our workers have been putting our effort and passion into our grapes, and we don't want to change it a bit in the future.

毎朝起きて、私たちはワイナリーとしてのビジネスをどうやってマネージメントしていくかを考えます。ワイナリーになるということは、私たちにとっては大きな変化です。でもひとつ、どうしても変えたくないことがあります。それは、ぶどうの質です。作業員さんたちも含めて、私たちは、努力と情熱をぶどうに注いでいます。そしてこれからも、それを少しも変えたくないと思っています。




Last weekend, we purchased the bins to put grapes in at the harvest. Providing those bins to workers who help us to pick grapes is a winery's responsibility. 

先週末、収穫でぶどうを入れるために使用する箱を購入しました。ぶどうを狩りに来てくれる作業員さんたちに箱を用意するのは、ワイナリーの責任です。




The new vines that were planted in our vineyard this year are growing well. They might produce some amount of grapes next year.

ぶどう園に今年植えられた新しいぶどうの木も、順調に育っています。来年には、ぶどうの実をいくつか実らせてくれるかもしれません。




Daddy: "We want to grow with you, vineyard. Can you corporate with us?"

パパ:「ぶどう園さん、キミと一緒に育っていきたいんだ。協力してくれる?」



Farmers be ambitious!

農夫よ、大志を抱け!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


We started Food & Wine blog of our vineyard. The first recipe is Pork Chops with Apples & Onions. If you have a chance, please click here and check it out. Thank you so much for supporting us!

ぶどう園の「フード&ワイン」ブログを始めました。最初のレシピは、ポークチョップのりんご&玉ねぎ添えです。よければここをクリックして、遊びに来てください。(ちょっと読みにくのですが、ページの一番下に翻訳機能があります。)みなさまにはいつも応援して頂き、本当に感謝しています。ありがとうございます!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



For our family who are having adventurous lives together, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

アドベンチャーたっぷりな人生&犬生を歩んでいるうちの家族の応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2016年8月30日火曜日

Is this the zoo in the nature? 〜ここは自然の中の動物園?〜



Mommy: "Oh, my gosh! Those ladies are walking their horses just like we walk our dogs!"

ママ:「あら、すごい!私たちが犬たちのお散歩をさせるように、あの人たち、馬をお散歩させてる!」


Ladies: "Hello♪"

女性たち:「こんにちは〜♪」




Snicker (Horse on the right): "Who are they?"

スニッカー(右側の馬):「誰だろう?」


Bob (Horse on the left): "Im not sure, but why don't you show them your trick?"

ボブ(左側の馬):「さあ。でも、キミの芸を見せてあげたら?」


Snicker: "Should I?"

スニッカー:「やってみようかしら。」




Snicker: "My nose, open!"

スニッカー:「ひらけ〜、鼻!」


Bob: "Fu fu fu. Good job♪"

ボブ:「ふふふ。よくできました♪」




Snicker: "Did they enjoy it?"

スニッカー:「喜んでもらえたかな?」


Bob: "I'm not sure about them, but I did♪"

ボブ:「ほかの人のことはわからないけど、ぼくは喜んだ♪」




Kahlua: "What big Shelties they are..."

カルア:「なんて大きなシェルティなんだ‥‥」


Kona: "They are horses, aren't they?"

コナ:「馬でしょ?」


Ehime: "Their muzzle looked like brother Kahlua's."

えひめ:「鼻のところは、カルアにいと似てまちたけど。」




Kona: "Horses are taking a walk just like we do. It's a beautiful morning♪"

コナ:「馬さんたちも、ぼくたちみたいにお散歩をしているんだね。ステキな朝だもんね♪」


Kahlua: "Are you sure they are not Shelties?"

カルア:「本当に、シェルティじゃなかった?」




Ehime: "Mommy. Someone is walking toward us."

えひめ:「ママ。こっちに歩いてくる人がいましゅよ。」




The lady said she lives in this neighborhood. Do you remember we were talking about one big bird last week and wondering if she is an ostrich or an emu? Today, this lady told us that the big bird we were always thinking an ostrich is actually an emu.

その女性は、この辺りに住んでいるとおっしゃっていました。みなさん、先週私たちがある大きな鳥のことを「ダチョウだかエミューだかわからない」と言っていたこと、覚えておられますか?ずっとダチョウだと思っていたその大きな鳥は実はエミューなのだと、今日その女性が教えてくれました。


Daddy: "I thought the bird might be an emu. Let's go see."

パパ:「エミューじゃないかなあ、と思ってたんだよ。よし、見に行ってみよう。」


Kona: "OK, let's go♪"

コナ:「うん、行こう♪」




Daddy: "Yeah, she is an emu."

パパ:「そうだ。やっぱりエミューだよ。」


Mommy: "She is beautiful. Let me take photos of her."

ママ:「きれいな鳥よね〜 写真撮らせてね。」




Kona: "Watch out, mommy."

コナ:「ママ、気をつけて。」


Ehime: "That lady said that the emu might bite you."

えひめ:「さっきの女の人、エミューは噛むかもちれないって言ってまちたよ。」




Daddy: "Now, let's go home. Can't you get in the car by yourself yet, Ehime?"

パパ:「さあ、おうちに帰ろう。えひめは、まだひとりで車に乗れないの?」


Ehime: "I'm caring about you so much, so I want to give you some exercise."

えひめ:「わたちはパパのことが大好きでしゅからね、パパに運動ちてもらいたいんでしゅよ。」




Daddy: "Look. Our neighbor alpacas seem to be doing well."

パパ:「見て。ご近所のアルパカたち、元気にしているみたいだな。」




Mommy: "Oh! A big bird is flying!"

ママ:「あっ!大きな鳥が飛んでる!」




Daddy: "That's a hawk. He is trying to get gophers or ground squirrels."

パパ:「あれは、タカだよ。ホリネズミやジリスを狙ってるんだ。」




Ehime: "Mr. Hawk. Gophers & ground squirrels said night-night."

えひめ:「タカしゃ〜ん。ホリネズミしゃんもジリスしゃんも、おやすみって言ってまちたよ〜」


Mommy: "When did you talk with them?"

ママ:「いつお話ししたの?」




At home おうち


Chicken A: "Hey, girls! Don't steal my treats!"

にわとりA:「ちょっと!私のおやつをとらないでよ!」



Have an amazing Monday♪


For our family who saw eight different animals other than dogs this morning, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

今朝、犬以外に8種類の動物を見たうちの家族の応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ