2018年12月9日日曜日

Slideshow, our 2018 〜スライドショー・私たちの2018年〜




The year of 2018 was full of fun with some tears for us. Please check out our slideshow, and see what we've done this year.


2018年という年は、私たちにとって、涙と共に楽しいことがいっぱいの年でした。よければぜひ、私たちのスライドショーをご覧ください。そして、今年私たちがどんなことをしたのか見てください。



Please click here or the picture below.


ここ、もしくは下の写真をクリックしてください。





Have a beautiful Sunday♪



For our family who had a lot great things as well as challenging things this year, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!


今年、困難なことと共にたくさんの素晴らしいことがあったうちの家族の応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

Dinner is more important than research. 〜リサーチより晩ごはん〜



Kona: "Does it take a long time?"

コナ:「それ、長くかかる?」




Ehime: "It's dark outside. Isn't it our dinner time?"

えひめ:「お外は真っ暗でしゅよ。わたちたちの晩ごはんの時間じゃないでしゅか?」




Daddy: "I know, I know. I'm just trying to figure out how to use the new coffee machine."

パパ:「わかってる、わかってる。新しいコーヒーマシーンの使い方を理解しようとしているだけだから。」




Daddy: "It looks like we can make only one cup of coffee this way. Let's try it."

パパ:「この方法で、コーヒーを一杯だけ作れるみたいだ。やってみよう。」


Kona: "I think dog food is tastier than coffee."

コナ:「コーヒーより、ドッグフードの方がおいしいと思うんだけど。」




Daddy: "Hmm... It's a little weak. One scoop of espresso coffee with two cups of water is not right for us."

パパ:「うーん‥‥ ちょっと薄い。エスプレッソコーヒーを1スクープにお水を2カップというのは、ぼくたちには合わないな。」




Mommy: "Let's try to see how many grams is one scoop compared with our old spoon for coffee."

ママ:「今まで使っていたコーヒー用のスプーンと比べて、この1スクープが何グラムなのか測ってみましょ。」


Daddy: "Oh, my. My wife wants to figure out seriously."

パパ:「わあ。うちの奥さん、本格的に調べるつもりだ。」




Mommy: "The new scoop can hold nine grams of coffee while our old spoon can hold six grams. We used to add a little more coffee to make our favorite taste when we were using the old coffee machine, right? For this new machine, it looks like we can use one scoop of coffee with the regular amount for one cup of water."


ママ:「前のスプーンが6グラムだったのに対し、新しいスクープは9グラムだわ。古いコーヒーマシーンを使っていた時は、私たちの好きな味にするために、いつももう少しコーヒーを足していたでしょう?この新しいマシーンでは、普通の量のコーヒースクープ一杯分に、1カップのお水がいいみたい。」


Daddy: "That's good research."

パパ:「いいリサーチだ。」




Daddy: "Oops. It passed 6:00pm already."

パパ:「おっと。もう午後6時を過ぎた。」




Kona: "If you've finished your research, can you start to prepare our dinner?"

コナ:「リサーチが終わったのなら、ぼくたちのごはんの準備をしてくれない?」




Ehime: "That's right. Otherwise I might steal your bread for dinner on the counter."

えひめ:「しょうでしゅよ。じゃないと、カウンターに乗ってるママたちの晩ごはんのパン、泥棒しちゃうかもちれないでしゅよ。」



Have a great Saturday♪


For Kona who gets hungry often these days, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

最近よくおなかがすくコナの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2018年12月8日土曜日

It's Kahlua who became tiny. 〜小さくなったカルア〜



"It would be an honor." 

「この役目をもらえて光栄です。」




Chloe's & Henry's mommy said so and picked up Kahlua at our vet in Las Vegas. 


そう言って、クロエちゃん&ヘンリーくんのママさんは、ラスベガスの動物病院まで、カルアを迎えに行ってくれました。




Kahlua is going to spend this holiday season with Chloe's & Henry's family, and come back to our vineyard house with us in January next year.


カルアはこのホリデーシーズンを、クロエちゃん&ヘンリーくんご家族と一緒に過ごします。そして来年1月、私たちと一緒に、このぶどう園の家に帰ってきます。




Kahlua, you became so tiny...


カルア、小さくなったね‥‥







Kona: "I want to take a nap with Kahlua again.

コナ:「またカルアくんと一緒にお昼寝したい。」


Ehime: "I'm going to see brother Kahlua in my dream."

えひめ:「わたちは、夢の中のカルアにいに会いに行きましゅから。」




Still thinking about Kahlua...


For our family who is looking forward to coming to pick up Kahlua, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

カルアのお迎えに行くのを楽しみにしているうちの家族の応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2018年12月7日金曜日

Pretty, aren't they? 〜かわいいね〜




Last week, one of our friends who lives in Hawaii sent the beautiful flowers to Kahlua and us. Kahlua, are you here with us? Flowers are so pretty, aren't they?


先週、ハワイに住むお友達のひとりが、カルアと私たちのために、きれいなお花を送ってくれました。カルア、いる?お花、とってもかわいいね。





Have a beautiful Thursday♪


For our family who appreciates our friends supporting us, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

私たちをサポートしてくれるお友達に感謝しているうちの家族の応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2018年12月6日木曜日

To the good-bye trip Last Chapter 〜さよならの旅へ 最終章〜



Saturday 土曜日


Ghost: "Are you going home today, Ehime."

ゴースト:「えひめちゃん、今日おうちに帰るの?」


Ehime: "It looks like it."

えひめ:「しょうみたいでしゅよ。」




Chloe's & Henry's mommy: "Henry. Why don't you look at the camera and say 'see you' to Ehime and her family?"

クロエちゃん&ヘンリーくんのママさん:「ヘンリー。カメラの方を向いて、えひめちゃんとご家族のみなさんに”またね”って言ったら?」


Henry: "See you."

ヘンリー:「またね。」




We said "See you" to everyone in the house, and got in the car. Chloe's & Henry's family and Ghost & her mommy went for a morning walk, so we kind of chased after them.


私たちは家にいるみなさんに「またね」と言って、車に乗り込みました。クロエちゃん&ヘンリーくんご家族、ゴーストくん&ママさんは朝のお散歩に出かけたので、それを追いかける形になりました。





Daddy: "Have a great walk!"

パパ:「いいお散歩を!」


Mommy: "Thank you for everything!"

ママ:「いろんなこと、どうもありがとう!」


Chloe's & Henry's mommy: "Have a safe trip!"

クロエちゃん&ヘンリーくんのママさん:「道中、気をつけて!」




On the road 道中


Mommy: "Everyone is kind of quiet."

ママ:「みんな、なんだか静かね。」




Kona: "I feel like I forgot something in Las Vegas."

コナ:「ぼく、ラスベガスに忘れ物をしたような気持ちだよ。」




Daddy: "Five of us came to Las Vegas and only four of us go back to California. It's only natural we feel that way."

パパ:「5人でラスベガスにやってきて、4人だけカリフォルニアに帰るんだ。そういう風に感じるのは、自然なことだよ。」




Mommy: "I see some clouds behind the mountain."

ママ:「山の向こう側に、雲が見えるわ。」


Daddy: "Speaking of which, Happy's foster mommy said that our vineyard area got some rain."

パパ:「そう言えば、ハッピーの里親ママさんが、うちのぶどう園の辺りに雨が降ったって言ってたな。」




Ehime: "Oh! This is the gas station where we get free fruit."

えひめ:「あっ!ここ、無料のフルーツがもらえるガソリンスタンドでしゅよ。」


Kona: "I wonder what fruit we can get this time."

コナ:「なんのフルーツがもらえるのかな。」


Daddy: "Probably apples. That's what we got on the way to Las Vegas."

パパ:「多分、りんごだよ。ラスベガスに行く道中でもらったフルーツもりんごだったから。」




Ehime: "Mmm? I smell like brother Kahlua here."

えひめ:「ん?ここ、カルアにいの匂いがしゅる。」


Mommy: "Oh, I think you are right. Kahlua couldn't walk that far when we stopped here on the way to Las Vegas. So he did pee-wee there."

ママ:「ああ、そうだわ。ラスベガスへの道中でここに止まったときに、カルアくん、あんまり遠くまで歩けなかったのよね。それで、そこにチッチしたの。」




Kona: "I'm going to look for another trace of Kahlua."

コナ:「ぼくも、カルアくんの痕跡を探そうっと。」


Daddy: "You should go pee-wee, too. We've got to go back to the road pretty soon."

パパ:「コナもチッチするんだぞ。すぐにフリーウェイに戻らなきゃいけないんだから。」




Daddy: "I see the long line on I-5. It's going to be even longer tomorrow with people who are going back home after Thanksgiving Day week."

パパ:「I-5に、長い行列ができてるな。サンクスギビングデーの週を終えて帰る人たちで、明日はもっと長い行列になるぞ。」


Mommy: "I wonder if we can get back home within 10 hours drive."

ママ:「私たち、10時間以内の運転でおうちに帰られるかしら。」



Have a great Wednesday



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



Thank you so much for reading about our trip to Las Vegas. It was so much pain losing Kahlua for us, and coming back to our vineyard house without him in the car was definitely heartbreaking. 


ラスベガスへの旅を読んで頂き、ありがとうございます。カルアを失ったことは、私たちにとってとても心痛いことであり、車にカルアを乗せずにぶどう園の家に帰ってきたことは、胸が張り裂けるような思いでした。




It has been almost two weeks since Kahlua left us. I still make mistakes when I get supplements ready for three dogs and take three leashes for a morning walk. Ehime wants to wait for Kahlua to eat meals and to go for a walk, and Kona sits right next to me every time I get sad.


カルアが旅立ってから、もうすぐ二週間。私はいまだに三頭分のサプリメントを用意したり、お散歩にリードを三つ持って行こうとしたりします。えひめは食事もお散歩もカルアを待ちたがり、コナは私が悲しくなるたびに私の横に座ります。




Through writing and reading the stories of "To the good-bye trip", both my husband & I remembered our sweet Kahlua, and had tears. But I guess we needed that time. Thank you so much for reading the stories with us and understanding what we are going through. 


「さよならの旅へ」のお話しを書いたり読んだりすることを通して、主人も私も私たちの大切なカルアを思い出し、涙しました。でも私たちには、その時間が必要だったのだと思います。私たちと一緒にお話しを読んでくださり、そして私たちが通っている道を理解してくださり、本当にありがとうございました。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



For our family who wants to enjoy our lives with Kahlua's memories, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

カルアの思い出と共に生きることを楽しみたいと思ううちの家族の応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2018年12月5日水曜日

To the good-bye trip Part 8 〜さよならの旅へ パート8〜




Friday morning, my husband called the vet that we used to see for our dogs in Las Vegas, and told them that we would like to bring Kahlua for cremation. Then, my husband held Kahlua who was wrapped in the blanket he used to use, and put him in the car.



金曜日の朝、主人は、ラスベガスでうちの犬たちを連れて行っていた動物病院に電話をかけ、火葬のため、カルアを連れていきたいという旨を伝えました。それから主人は、ずっとカルアが使っていた毛布にくるまったカルアの体を抱っこして、車に乗せました。




I said I want to say good-bye at the end. My husband agreeably consented to my wish. We unwrapped the blanket and saw Kahlua's face one last time. I kissed on his cheek like I used to do every day. Kahlua's hair was so soft and he still smelled like the shampoo from the groomer.



私は最後にさよならを言いたい、と言いました。主人は快く、私の願いを聞き入れてくれました。私たちは毛布を開け、最後にもう一度、カルアの顔を見ました。私は毎日していたように、カルアの頰にキスをしました。カルアの毛はとても柔らかく、まだグルーマーさんのシャンプーの香りがしました。




When we arrived at the vet, my husband held Kahlua and I opened the door. At the time my husband handed Kahlua to the vet assistant, some sound like "Ahh..." came out from my mouth. I really hated the fact that Kahlua was going away from me. Because Kahlua and I had never been separated in the last 14 years. This photo below was taken in 2013, when we took  our dogs for the annual check-up.



動物病院に到着して、主人がカルアを抱っこし、私がドアを開けました。主人がカルアをお医者様のアシスタントさんに預けた時、「ああ‥‥」というような音が、私の口からでました。私は、カルアが私から離れるという事実が、本当にとても嫌でした。なぜなら、カルアと私は過去14年間、一度も離れたことがなかったからです。下の写真は2013年、私たちが犬たちを一年の一度の診察に連れて行ったときに撮ったものです。








Kahlua in the photo of 2013 looks young, doesn't he? According to my husband, his best memory with Kahlua was at the big park near our house in Seattle. We used to take Kahlua and Haley (who passed away in 2012) to the big park and had a long long walk on the weekends. 



2013年の写真のカルアは、若いですね。主人によると、カルアとの一番の思い出は、シアトルの家の近くにあった大きな公園でのことだそうです。私たちはよく、カルアとヘイリー(2012年に亡くなりました)をその大きな公園に連れていき、週末に長い長いお散歩をしていました。




Kahlua was definitely not interested in swimming in the pond, but his running was as beautiful as a thoroughbred horse. My husband told me his memory with Kahlua with tears. And he probably shows that face only to me.


カルアは池で泳ぐことには全然興味はなかったけれど、カルアの走る姿は、まるでサラブレッドのように美しかったのです。主人はカルアとの思い出を、涙ながら私に話してくれました。そしてそれは多分、主人が私だけに見せる顔だと思います。






Friday night 金曜日の夜


Chloe: "Are you chopping the turkey again, daddy?"

クロエちゃん:「パパ。またターキーを切ってるの?」


Chloe's & Henry's daddy: "Not the turkey, but something else."

クロエちゃん&ヘンリーくんのパパさん:「ターキーじゃないよ。他のもの。」




Kona: "What's something else?"

コナ:「他のものってなに?」


Ehime: "Something tasty♪"

えひめ:「おいちいもの♪」




Chloe's & Henry's daddy: "Now, I just need to set the meat here..."

クロエちゃん&ヘンリーくんのパパさん:「あとは、ここにお肉をセットするだけ‥‥」




Daddy: "Oh, my. I've never seen anyone who has the cured meat in the individual person's house other than you."

パパ:「わあ、すごいな。個人の家で塩漬け肉(生ハムなど)を持ってる人、パパさん以外に見たことないよ。」




Chloe's & Henry's daddy: "He he. This is like the restaurant, isn't it, Chloe?"

クロエちゃん&ヘンリーくんのパパさん:「えへへ。これ、レストランみたいだろ、クロエ?」


Chloe: "Hey, doggies. Meat is right here."

クロエちゃん:「犬たち〜 お肉はこっちよ〜」


Chloe's & Henry's daddy: "You don't need to call anyone."

クロエちゃん&ヘンリーくんのパパさん:「みんなを呼ばなくていいんだよ。」




Daddy: "Can I practice slicing the prosciutto, too?"

パパ:「プロシュートのスライス、ぼくも練習してもいいですか?」


Chloe's & Henry's daddy: "Go ahead."

クロエちゃん&ヘンリーくんのパパさん:「どうぞ。」




Chloe's & Henry's mommy: "Can you slice the turkey, too? We are going to have the leftover dinner tonight."

クロエちゃん&ヘンリーくんのママさん:「ターキーもスライスしてくれない?今夜は、残り物のディナーだから。」


Daddy: "OK."

パパ:「わかりました。」


Ghost: "Hi. Can you drop the meat for me?"

ゴースト:「ねえ。ぼくのために、お肉を落としてくれない?」


Daddy: "What!?"

パパ:「えっ!?」




Daddy: "I'm glad we could be here again to spend Thanksgiving Day this year."

パパ:「今年もサンクスギビングデーを過ごしにここに来ることができて、よかったな。」


Chloe's & Henry's mommy: "We are happy to have you here, too."

クロエちゃん&ヘンリーくんのママさん:「私たちも、あなたたちがここに来てくれてうれしいわ。」




Mommy: "Kona, Ehime. We are going back to our vineyard house tomorrow."

ママ:「コナくん、ひめたん。明日は、ぶどう園のおうちに帰るんだよ。」


Kona: "Then, we should go to bed early."

コナ:「じゃあ、早く寝なきゃね。」


Ehime: "I wonder if it's going to take more than 10 hours to get back home."

えひめ:「おうちに帰るのに、10時間以上かかるでしゅかね。」



Continuing tomorrow


For daddy who is interested in buying a huge block of prosciutto like Chloe's & Henry's daddy has, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

クロエちゃん&ヘンリーくんのパパさんが持っているような大きなプロシュートのお肉の塊を買いたいと思っているパパの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ