2020年4月9日木曜日

Ehime came back. 〜えひめが帰ってきた〜



Makana: "I went for a morning walk, and got wet."

マカナ:「朝のお散歩に行ったら、ビショビショになった。」


Mommy: "I'm sorry. I didn't know the rain would come that early."

ママ:「ごめんってば。そんなに早く雨が降るって知らなかったんだもの。」




Mommy: "Look, Ma-kun. There is a little sunshine between rains. Why don't we go outside now? I need to go clean the chicken coop."

ママ:「見て、マーくん。雨の合間の太陽の光。今お外に出てみない? ママ、にわとり小屋のお掃除をしなきゃいけないし。」


Makana: "OK. I can weed."

マカナ:「いいよ。ぼくは、草むしりできるし。」




Makana: "I lost my biscuit..."

マカナ:「ビスケット、無くしちゃった‥‥」


Mommy: "It's on your head."

ママ:「頭の上よ。」





We picked up Ehime at the vet a little after 3:00pm. Because of the issue of Coronavirus, we couldn't go inside of the building. We called and let them know that we were at the parking lot. They brought Ehime outside and left her for a few seconds until we picked her up. Because we, humans shouldn't be less than six feet from each other.



午後3時を少し回ったころ、病院でえひめのお迎えをしました。コロナウィルス問題のため、私たちは建物の中に入ることはできませんでした。駐車場に到着したことを電話で知らせました。するとえひめを連れて外に出てきてくださり、私たちがえひめを手にするまで数秒間、えひめをその場に置く、そういう状態でした。私たち人間は、お互いから6フィート以下の距離間ではいけないからです。





You can see how bad my photo taken technique below. I was so worried about her, since she still looked unconscious. 


下の写真を見ると、私のテクニックがどれほど下手だったからお分かりいただけると思います。えひめはまだ意識がちゃんと戻らないようだったので、本当にとても心配でした。







Because of her habits, she somehow tried to get on the couch. When she stretched, some blood came out from the cut. That scared me.


普段のくせで、えひめはなんとかソファーに乗ろうとしました。体を伸ばしたとき、切り口から血がポタポタと落ちました。怖かったです。



Makana: "Is my sister OK?"

マカナ:「ねえたん、大丈夫?」


Mommy: "I'm hoping so."

ママ:「だといいけど。」




Mommy: "Ma-kun. Why don't you go bathroom?"

ママ:「マーくん、トイレに行ったら?」


Makana: "I can't go, because I'm worried about my sister."

マカナ:「ねえたんのことが心配だから行けない。」




Daddy: "Look, honey. Makana is laying down at the side of Ehime."

パパ:「ママ、見て。マカナが、えひめに寄り添ってる。」


Mommy: "He has been really worried about her."

ママ:「ずっとひめたんのことを心配しているのよね。」




Makana: "My sister won't move."

マカナ:「ねえたんが動かない。」


Mommy: "She is OK. I just checked and she is breathing."

ママ:「大丈夫よ。確認したら、ちゃんと息してるから。」




Mommy: "Darling. I'm going to sleep on the couch tonight. So I can check how Ehime is doing during the night."

ママ:「パパ、今夜は私、ソファーで寝るわね。そしたらひめたんが夜中どうしているか、チェックできるから。」


Daddy: "OK. You are camping here."

パパ:「わかった。ママは、ここでキャンプだね。」




Mommy: "Why don't you go to bed and sleep, Ma-kun? Daddy is waiting for you."

ママ:「マーくん。自分のベッドに行って寝たら? パパが待ってるよ。」


Makana: "I'm worried about my sister. I'm going to stay here, too."

マカナ:「ねえたんのことが心配だから。ぼくもここにいる。」




How sweet of Makana, right? Well... he was interesting. He got on the couch, stepped on me, walked around the family room and whined during the night.


マカナ、なんて愛らしいんでしょう。。。ん? えっと‥‥ まあ、興味深かったです。夜の間、ソファーに乗って私を踏みつけたり、ファミリールームを歩き回ったり、クンクン鳴いたり。




I had about four hours sleep by checking on Ehime from time time. When my morning alarm went off, guess what I saw. Ehime was off the bed, and Makana was laying down on the bed instead! Here is the shocking picture.


私はときどきえひめのことを確認しながら、4時間くらい眠りました。朝のアラームが鳴って、私が見たもの、なんだったと思いますか? なんと、えひめがベッドから落ちて、代わりにマカナがそのベッドに横たわっていたんです! その衝撃映像は、こちら。




Ta-da!

ジャジャーン!




Makana: "Mommy, it's morning. Please wake up. (beep, beep, beep)"

マカナ:「ママ、朝だよ。起きて〜 (ビー、ビー、ビー)」


Mommy: "Ahhh! Ma-kun! Please stop holding it in your mouth. That's the noisiest doggie toy in the house!"

ママ:「あああ!マーくん! それを奥にくわえるの、やめてよ〜 お家で一番音が大きいおもちゃなんだから!」



Have a safe Wednesday♪


For Ehime who actually had lumps removed in addition to being spayed, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

実は、避妊手術に加えてしこりを取り除く手術もしてもらったえひめの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2020年4月8日水曜日

Ehime's surgery on Kona's birthday 〜コナのお誕生日にえひめの手術〜



Mommy: "Let's brush you, Ehime."

ママ:「ひめたん、ブラッシングしようね。」


Ehime: "Mmm... now?"

えひめ:「んん‥‥ 今?」




Mommy: "I love you so much, Ehime. You know that, right?"

ママ:「ひめたんのこと、大好きよ。知ってるでしょう?」


Ehime: "I know that... Awww... Ma-kun, you are too close."

えひめ:「知ってましゅけど‥‥ あうう‥‥ マーくん、近しゅぎ。」


Makana: "I love you, too, sister."

マカナ:「ねーたん、ぼくも大好き。」




Mommy: "Good luck today, OK? I'll be thinking about you."

ママ:「今日、がんばってね。ひめたんのこと、思ってるから。」


Ehime: "Today? What about it?"

えひめ:「今日? なんかあったかな?」


Makana: "I don't think it's my birthday."

マカナ:「ぼくのお誕生日じゃなかったと思うけど。」




You might be surprised, but today is Ehime's surgery day for being spayed. We were wishing to pass on Ehime's great bloodline from the Netherlands to the next generation, but we couldn't make it happen. To let Ehime enjoy her senior age, we decided to spay her before it gets too late.  


驚かれるかもしれませんが、今日はえひめの避妊手術の日です。できることなら、オランダからのえひめの素晴らしい血統を次の世代に残したいと願っていましたが、それを叶えることができませんでした。えひめにこれからシニアの年齢をエンジョイしてもらうために、そして手遅れになってしまう前に、避妊手術を決めました。




Just like any other parents would do, I'm worried about my fur baby, Ehime, so much. When we left Kona in the hospital last time, he never was able to come back home. I know it' might be silly to think about it now, but I guess it became my trauma. I just need to see Ehime come back home safely.


他のパパさん&ママさんたちがそうするように、私も毛の生えた自分の子、えひめのことをとても心配しています。コナを最後に病院に残してきたときは、そのまま家には帰ってきませんでした。今そのことを考えるのは愚かなことかもしれませんが、きっと私のトラウマになったのだと思います。ただ、えひめに無事に家に帰ってきてもらいたい、それだけです。




Makana: "I'm wondering why I'm eating breakfast alone."

マカナ:「ぼく、どうしてひとりで朝ごはんを食べてるのかな。」




Makana: "Sister went out with daddy from this door, but they haven't come back yet, right?"

マカナ:「ねえたん、パパと一緒にこのドアから 出て行ったんだけど、まだ帰ってきてないよね?」




Makana: "Where did they go?"

マカナ:「どこに行ったの?」





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



Today was actually Kona's birthday. Facebook tells me that I posted his photo on April 6th every year since 2011. I didn't miss even once. We love you so much, Kona.


今日は、実はコナのお誕生日でした。フェイスブックによると、2011年から毎年、4月6日に私はコナの写真を投稿していたようです。コナ、大好きだよ。





Have a peaceful Tuesday♪


For Makana who loves Ehime very much, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below vote for a doggie blog ranking. Thank you!

えひめのことが大好きなマカナの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2020年4月7日火曜日

Daddy's recipe book 〜パパのレシピブック〜



Mommy: "Look. Daddy bought a recipe book at Costco today."

ママ:「見て。パパがね、今日コストコでレシピの本を買ったの。」


Ehime: "A recipe book?"

えひめ:「レシピの本?」


Makana: "I'm going to eat."

マカナ:「いただきまーす。」


Mommy: "Don't eat that, Ma-kun."

ママ:「マーくん、そんなところ食べないの。」




Makana: "Oh, I made a mistake. This is it, right? (lick) Do I taste anything?"

マカナ:「あ、間違えた。これだよね?(ペロッ)なんか味する?」


Mommy: "You don't lick it. Just look."

ママ:「なめないの。見るだけ。」




Ehime: "Just look?"

えひめ:「見るだけ?」


Makana: "(staring) ...... So, when is the food coming out?"

マカナ:「(じーーーっ)‥‥ で、食べ物は、いつ出てくるの?」


Mommy: "I'm not sure. Please ask daddy."

ママ:「さあ。パパに聞いてみて。」



Have an amazing Monday♪


For daddy who is enjoying looking at the recipe book, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

レシピブックを見て楽しんでいるパパの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2020年4月6日月曜日

Encounter 〜出会い〜



Makana: "Ohh. They are cows."

マカナ:「おおお。牛さんたちだ。」


Mommy: "Good job. You remember."

ママ:「よくできました。ちゃんと覚えてるのね。」




Serene: "Hello. I'm Serene. You are Makana, right?"

セリーン:「こんにちは。ぼくは、セリーンだよ。キミは、マカナくんだよね?」


Sunny: "I'm Sunny. A younger sister of my brother Serene."

サニー:「私はサニー。セリーンお兄ちゃんの妹なの。」




Makana: "Sunny, you are so charming with the horns like a demon♪"

マカナ:「サニーちゃん、その悪魔のようなツノがあって、とってもチャーミングだね♪」


Sunny: "Oh, thank you for a compliment. You are as white as Enoki mushroom."

サニー:「まあ、褒めてもらってありがと。マカナくんは、えのき茸みたいに真っ白なのね。」


Mommy: "He is as flexible as Enoki mushroom, too."

ママ:「えのき茸みたいに、体もやわらかいのよね〜」


Makana: "What is Enoki mushroom?"

 マカナ:「えのき茸って何?」




Makana: "Sunny. If you like, maybe we can go on a date.."

マカナ:「サニーちゃん。よければ、デートに…」


Happy: "Hi. What do you need from my daughter, Sunny?"

ハッピー:「あら。うちの娘のサニーに何か用?」


Makana: "Well... What do I need..."

マカナ:「えっと‥‥ 用ってほどでは‥‥」




Makana: "Good bye!"

マカナ:「さいなら〜!」


Sunny: "Oh, he can run fast."

サニー:「あら。マカナくん、足が速いのね。」



Have a fun Sunday♪


For Ehime who is so calm with Jersey cows, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

ジャージー牛たちにはとても穏やかなえひめの応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2020年4月5日日曜日

Golden days 〜ゴールデンデイズ〜



On the way back to my computer from my husband's office

主人のオフィースから自分のコンピューターに戻るとき


Mommy: "Hey. You guys are blocking me to walk through the hallway."

ママ:「ちょっと、ふたり。廊下をブロックしちゃって、ママ、歩けないじゃない。」


Ehime: "......"

えひめ:「‥‥」


Makana: "......"

マカナ:「‥‥」




When we sit down in front of TV テレビの前に座るとき


Daddy: "Well.... High population here, isn't it?"

パパ:「なんか‥‥ 人犬口密度が高いな、ここ。」


Mommy: "That's what I was thinking."

ママ:「それ、私も思ってたのよね。」


Makana: "Zzzz...."

マカナ:「Zzzz....」


Ehime: "Zzzz...."
えひめ:「Zzzz....」




When I want to sit down in the place that used to be mine

自分の場所だったところに座りたいなあと思うとき


Makana: "Any problem?"

マカナ:「何か問題でも?」


Ehime: "There is more space on the other side of the couch, mommy."

えひめ:「ママ、ソファーの向こう側にもっとスペースがありましゅけど。」




When we try to start a busy day

忙しい一日を始めようとするとき


Makana: "He he he. A toy in my mouth♪"

マカナ:「えへへへ。ぼくのお口におもちゃ♪」


Ehime: "I'm going to take a morning nap."

えひめ:「わたちは、朝寝ちようっと。」


Daddy: "What a relaxing start of the day for them..."

パパ:「なんてリラックスした一日の始まりなんだ‥‥」





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



By the way, do you remember my husband and I have been weed-whacking in our property? We've been working in turn by passing on the weed-whacker, but it was still a lot of work. Especial for a small person like me who doesn't have even 100 pounds, it was a big job to keep holding up the powerful weed-whacker that was sold as the heaviest one in the store.


ところで、主人と私が敷地内の草刈りをしていたことを覚えておられるでしょうか。草刈り機を渡しながら順番に働いていましたが、結構大変でした。特に100ポンド(45キロ)もない私のような小さな人間には、お店で一番重いものとして売られていたパワフルな草刈り機を持ち上げ続けるのは、大層な仕事でした。






The snakes lay eggs in the bushy area. The one I saw on the morning walk with dogs the other day was a snake called Gopher Snake. They are usually good for farmers, because they eat gophers. But we definitely don't want to have rattle snakes around us. 



ヘビは、草むらで卵を産みます。先日私が犬たちとの朝のお散歩で見たのは、ホリネズミヘビと呼ばれるヘビでした。これはホリネズミを食べてくれるので、農家にとってはたいてい良いヘビです。でも、ガラガラヘビには来てもらいたくありません。





I learned from my scary experience with the rattle snake when I was with Kahlua, Kona and Ehime a few years ago. I don't want to put anyone in danger anymore. So I want to keep the weeds in our property as short as possible.



私は数年前、カルア、コナ、えひめといるときに、ガラガラヘビのことで怖い経験をしたことから学びました。もう誰のことも危険にさらしたくありません。だから敷地内の雑草を、できるだけ短くしておきたいと思っています。





Surprisingly, our friends who got to know that we have been weed-whacking at the bottom of the hill, came over with a tractor and cut all the weeds quickly! I don't know how to express our appreciation for this. When you got to know that friends who care about you, your heart gets warm, right? I guess that's what we have right now. We can still be nice to others even in this tough situation with the virus.



驚いたことに、私たちが丘の下で草刈りをしていると知ったお友達がトラクターでやって来て、ちゃちゃっとすべての雑草を刈ってくれたんです!この感謝の気持ちを、どうやって表現すればいいのかわかりません。お友達が自分を気にかけてくれているとわかったとき、心が温かくなりますよね?今、そういう気持ちなのだと思います。ウィルスで大変な状況下でも、人はまだ優しくなることができるのですね。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



Have a wonderful Saturday♪


For our family who want to be the ones that can be nice to others, please click the puppy photo on the right above or a dog picture below to vote for a doggie blog ranking. Thank you!

他のひとに優しくできる者でありたいと思ううちの家族の応援に、右上にあるパピーの写真、もしくはすぐ下の犬の絵のクリックをお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ